航空測量を利用するメリットとは何か

近年は様々な測量方法が生まれており、用途に応じてその手段を選ぶことで迅速に必要な情報を得ることができるようになりました。
また分析技術の進化により測定したデータを迅速に処理することで従来とは比べ物にならないような正確なデータを得ることができるようにもなっています。

その中で航空測量は比較的古くから用いられている方法であり、その手法についても独自に研究が重ねられてきた方法でもあります。

航空測量のいろいろな情報を集めました。

空中から様々な地形の情報を分析することで地上からの測定では得られなかった地形に関する様々な情報が得られるほか、広範囲にわたる測量がいちどに可能であるため、地勢図を作成するのに非常に適した方法とされています。



近年ではドローンが台頭し、様々な航空測量がドローンに取って代わられていますが、ドローンは遠隔操作であるため詳細のデータを取得するためには不向きな面があるのか、現場に行ってみなければわからないような様々な状況の変化に対して柔軟に対応できないという欠点があります。
航空測量は有人で行う測量であるため、現場に行った人間の判断で様々な状況を確認することができるほか、必要なデータを臨機応変に詳細に取得することができることが大きなメリットとなっています。さらに測量するデータを臨機応変に変更することもできるため、測量のデータを効果的に取得することができるのも大きなメリットとなっています。

そのため、ドローンが様々な面で利用されている現代においても、航空測量は効果的な測量が行える手段として大きな意味を持っているのです。