航空測量はなくてはならないもの

飛行機やヘリコプターが安全に飛ぶために欠かせない航空測量ですが、最近では高性能のレーダーが使われ、航空レーダー測量とも呼ばれています。高性能のレーダーにより、誤差がほとんどない範囲で、地形や高低差が測量でき、飛行機事故の防止や、災害の予知に役立っています。


現代の航空測量では、かつて写真を使っていた測量方法とは違い、高性能のレーダーを使うので、高低差の誤差がほとんどありません。


また、レーダーは木の葉やなども通すので、山や森林地帯であっても測量が可能です。


また、人が地表の写真を撮る必要がないので、地形が険しく人が入れないような場所でも、測量が容易にできます。

高低差の誤差は非常に少なく、数十センチ以下なので、誤差が問題になることはほとんどありません。

航空測量に関する耳より情報です。

また、レーダーの反射の強度も同時に計測しているため、地上にどのようなものが立地しているかも、同時に分かります。しかし、レーダーを使った航空測量では、雨や雲の影響を受けてしまうため、天候を選ぶ必要があるというデメリットもあります。



また、高価でもあり、水中や地下の測量は、一部の特殊なレーダーを除いてできません。


デメリットもありますが、現在の航空測量により、地表の僅かな動きを感知できるようになり、雪崩や土砂崩れを事前に察知でき、住民に避難を促す事がしやすくなりました。

また、高低差の誤差が小さいので、飛行機やヘリコプターのパイロットに、正確な航空図を用意できることにより、事故の防止にも役立っています。



航空測量は、普段の生活になくてはならないものです。