空間情報の活用で実現できること

空間情報は、地理・空間に関連付けられた情報のことを指しています。
耳慣れない言葉ですが、実際には日常生活のさまざまな場面で空間情報が活用されています。
空間情報を活用することで、どんなことが実現できるのでしょうか。


カーナビゲーションシステムは、空間情報が活用されている良い例です。


自動車の現在位置に関する情報、目的地の位置情報、道路情報を組み合わせることにより、現在地から目的地までの最短経路を導き出してくれます。

最近では、最短経路だけでなく、更に道路の混雑状況を組み合わせて、多少距離が長くなっても目的にもっとも早く到着できる経路を示してくれるようなカーナビゲーションシステムも出てきています。

空間情報の便利な情報を集めたサイトです。

更に活用が進むと、目的地への移動途中にあるコンビニエンスストアの情報から、その店の取り扱っている商品の一覧を画面上に表示して、あらかじめ注文をしておくと到着と同時に購入できる、といった利用方法が実現できる可能性もあります。



目的地への最短距離だけでなく、途中の買い物や休憩も考慮した、最適なルートを示してくれるようなカーナビゲーションシステムが出てくるかもしれません。

モノのインターネット(IoT)という言葉もあるように、インターネットは日常生活に欠かせない存在になってきています。



情報と情報を結び付けて活用するインターネットと、地理・空間に関連付けられた情報である空間情報は、とても相性のいい関係にあり、これからますます活用される場面が増えていくと言えるでしょう。