航空測量のメリットとデメリット

航空測量は、航空機に搭載のカメラを使って、地形を計測していく航空写真測定を原点として、現在はデジタルカメラによる高精細航空写真によって、より詳細な計測を行うようになりました。

オリジナリティに富む航空測量の情報はこちらのサイトがオススメです。

また、航空測量には、写真測定以外にも、航空レーザー計測という方法もあり、航空機にレーザー機器を搭載し、レーザースキャナを用いて3次元の計測を行っていきます。

航空写真測量やレーザー測量以外にも、最近ではドローンを用いたUAV測量が積極的に取り入れられています。



航空機に比べるとドローンは、低空を飛行することが可能で、地形を高精度に計測していくことができ、無人で飛ばすことができるため、人が立ち入ることができないような危険な場所でも、アプローチすることができます。


そのため、土砂崩れを起こした現場など、目視が困難な箇所でも、調査を行うことができます。



従来行われてきた写真による測量は、撮影された画像を元にして間接的に計測を行うものでした。


一方、近年主流となっている航空レーザー測量は、レーザーを直接対象物に照射することで、より精度の高い計測を行うことができ、写真測量では難しかった森林部や干潟などのコントラストが少ない地域でも、精度の高い測量を行うことが可能です。このように、日々航空測量は進歩し、高い精度で地形を測量していくことができるようになったため、洪水や河川の氾濫などの災害を起こしやすい場所を推察することも可能となっています。